2018年 【ムーヴカスタムのお買い得購入法】

2018年 【ムーヴカスタムのお買い得購入法】

◆ムーヴカスタムを安く買うために知っておきたいこと

2018年 【ムーヴカスタムのお買い得購入法】

引用:wikipedia

 

できるだけ安くムーヴカスタムを買いたいと思い、インターネットなどから情報を集めているあなたに、とっておきの情報をお知らせします。

 

ここで紹介する情報で、数十万円もの値引きを受けることに成功したという人もいます。

 

最後までしっかりと読んでいただき、購入の際に役立ててください。

 

 

◆ムーヴ カスタム、目標とするべき値引き額は?【/更新】

 

ムーヴ カスタムの目標とすべき値引き額・・・15万円

 

2017年8月にムーヴカスタムは仕様がマイナーチェンジされました。

 

実際に値引き可能な金額としては上記の金額まで値引きが受けられることが確認済ですので、交渉の際にはこの金額を参考にすると良いでしょう。

 

本体と共にオプションの値引き交渉もしておきたいところですが、こちらは20〜30%ほどが目安となります。

 

 

◆ムーヴカスタムの大幅値引きを受けたいならこの時期

  • 1月〜3月「決算期」
  • 6月〜7月「ボーナス期(夏)」
  • 8月〜9月「中間決算期」
  • 12月「ボーナス期(冬)」

値引きを受けられる時期としてはこの4つの時期ですが、このうち最も大幅な値引きが受けられる可能性が高いといわれるのが1月〜3月にかけての「決算期」です。

 

この時期は、ディーラーにとって最も売上を伸ばしたい時期であり、値引きをしてでもムーヴカスタムの販売台数を増やしたいと考える時期だからです。

 

そのため、ムーヴカスタムを購入するのであればこの決算期まで待ってから検討してみると良いかもしれません。

 

 

◆ムーヴカスタムの値引き交渉の方法について

 

 

ムーヴ カスタムの値引きを効率的に得るためには、ライバル車の見積を用いて交渉を図っていく方法が無難といえます。

 

・ライバル車を挙げると・・・

  • ホンダ・N-WGNカスタム
  • スズキ・ワゴンRスティングレー

こういった車種を扱う販売店で予め見積もり依頼をしておき、ムーヴ カスタムの販売員との交渉に利用してみてください。

 

そうすることでスムーズに値引きを得られるはずです。

 

 

ライバル車との相見積もりをムーヴカスタムの値引き交渉の材料として利用する場合の注意点は以下の通りです。

 

まず、購入を考えているムーヴカスタムと同じグレードの装備をライバル車でも選ぶこと。

 

そして、ライバル車の見積はしっかりと値引きまで交渉したうえで見積をしてもらうこと。

 

これらの注意点は、ムーヴカスタムの値引き交渉をするうえで重要なポイントとなります。

 

ムーヴカスタムを販売する担当者はライバル車について価格も含めた様々な情報を持っています。

 

そのため、ライバル車の適当な見積を持参してもムーヴカスタムの販売担当者には全く通用しないと思ったほうが良いでしょう。

 

ライバル車は実際に購入するつもりがなかったとしても、しっかりと研究をしたうえで、値引き交渉まで含めた見積を用意するようにしましょう。

 

こうした見積を持参することで初めてムーヴカスタムの販売担当者と値引き交渉ができると考えてください。

 

 

◆ムーヴ カスタム、最近契約した人たちの詳細について

 

契約例(1)
契約時期・2018年7月
現住所・鳥取県 
年齢・32歳 男性

 

(RS“ハイパーSA V”)本体:1,625,400円
オプション:380,000円

 

本体の値引き額:150,000円
オプションの値引き額:100,000円

 

下取り額(’08年製 DAIHATSU・タントカスタム):200,000円

 

諸経費込み総額:1,600,380円

 

 

契約例(2)
契約時期・2016年11月
現住所・福井県 
年齢・31歳 男性

 

(X“Limited SA V”)本体:1,490,400円
オプション:220,000円

 

本体の値引き額:150,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(’09年製 SUZUKI・Kei):120,000円

 

諸経費込み総額:1,468,680円

 

 

◆まだまだ値引きの増額は可能! そのために確認すべきポイントとは?

 

 

今回紹介した2つの例ともに目標とすべき値引き額は得られていますが、それだけで満足していると、最終的に惜しい契約になってしまうかもしれません。

 

実際に2例とも、値引き額をさらにアップさせられた可能性が高い惜しい契約だった、と当サイトでは判断しています。

 

改めて「下取り額」をチェックしてみましょう。

 

「ディーラーの下取りサービスを利用する場合、中古車買取り業者の査定よりも高確率で不利な評価になる」という問題をあなたはご存知ですか?

 

「ディーラーは新車の値引き額で損したくないから下取り額を意図的に低く抑えているのでは?」と疑われたかもしれませんね。しかし、それが全てとはいえません。

 

ディーラーの下取りサービスが不利になる一番の理由は、査定額を低くせざるを得ないシステム上の問題が存在するためなんです。

 

でも、ガッカリする必要はありません。ディーラーによる査定額を引き上げるための「秘策」は存在します。

 

下記のリンク先では「ディーラー下取りのシステム」さらには「下取り査定額を大幅に引き上げる方法」を紹介しています。

 

よりお得な新車契約を行えるよう、この機会に理解しておきましょう。

 

→ 下取り額を大きくアップさせて「ムーヴ カスタム」をお得にゲットする方法はこちら

2018年 【ムーヴカスタムのお買い得購入法】

関連ページ

ミライース
ムーヴ