2018年 【シャトルの値引き交渉術】〇〇を見落としていませんか?

2018年 【シャトルの値引き交渉術】〇〇を見落としていませんか?

◆シャトルを安く買いたい人に必要なこと

2018年 【シャトルの値引き交渉術】〇〇を見落としていませんか?

引用:wikipedia

 

この情報は、安くシャトルを買いたい人向けのお得な情報です。

 

この情報を知らずにシャトルの購入に臨んだ結果数十万円もの損をしてしまう可能性もありますので、最後までしっかりとお読みください。

 

 

シャトル、どのくらいの値引きが可能?【最新版:

 

シャトルの新車はどのくらいの値引きが可能?・・・20万円

 

シャトルは2017年9月にマイナーチェンジされ、現在販売されているモデルはその仕様のモデルです。

 

実際に値引きをする際の目標額は上記の金額を目安として、交渉の際には参考としてください。

 

オプションの場合は20〜30%が値引きの目安となりますので、こちらも本体と併せて交渉をするようにしましょう。

 

 

◆シャトルの大幅値引きを受けたいならこの時期

  • 1月〜3月:「決算期」
  • 6月〜7月:「ボーナス期」
  • 8月〜9月:「中間決算期」
  • 12月:「ボーナス期」

おもにこれらの期間であればシャトルの大幅値引きが受けられますが、中でも狙い目なのが1月から3月にかけての決算期です。

 

この決算期は、どんなディーラーであっても売上がほしい時期。

 

シャトルのディーラーでもそれは同じなので、他の時期に比べると値引きをしてもらいやすい時期といえます。

 

あまり値引き交渉が得意ではないという人であっても、この時期であれば値引きをしてもらいやすいため、決算期までシャトルの購入を待ってみるのもひとつの方法です。

 

 

◆シャトルを安く買うための値引き交渉法

 

シャトルの値引き交渉の場合は、ライバル車種と価格競合で値引きを引き出す方法がオススメです。

 

ライバルにあたるのは・・・

  • プリウスα、カローラフィールダー(トヨタ)
  • アクセラスポーツ(マツダ)
  • インプレッサスポーツ(スバル)

上記の車種の中から見積もりを取っておき、シャトルの販売スタッフとの交渉で活用してみましょう。

 

 

ライバル車と競合させて見積を取る場合には、以下の点に注意しましょう。

 

・購入希望のシャトルと同等のグレードや装備をライバル車でも選ぶ
・ライバル車を購入するつもりで値引き交渉を行いしっかりとした見積を取る

 

シャトルを販売する担当者は、他のお客さんなど様々なルートからライバル車の価格についての最新情報を把握しています。

 

そのため、ライバル車の適当な見積を持っていってもシャトルの値引き交渉の材料として利用できない可能性があります。

 

ライバル車の見積をしっかりとした内容で取ることは、結果的にシャトルを安く買うために必要なことなのです。

 

 

シャトル、最近購入した人たちの契約内容

 

例(1)HYBRID Honda SENSING を契約
契約者:埼玉県/男性(38歳)
契約時期:2018年4月

 

車両本体価格:2,080,080円
オプション:150,000円

 

車両本体の値引き:200,000円
オプションの値引き:50,000円
下取り額(2009年製造 トヨタ・ヴィッツ):80,000円

 

総額:2,089,570円
※税含む、諸経費込み

 

 

例(2)HYBRID X Honda SENSING を契約
契約者:宮城県/男性(34歳)
契約時期:2018年7月

 

車両本体価格:2,310,120円
オプション:310,000円

 

車両本体の値引き:200,000円
オプションの値引き:150,000円
下取り額(2012年製造 ホンダ・フリード):750,000円

 

総額:1,794,570円
※税含む、諸経費込み

 

 

シャトルの値引きはもっと増やせる!? お得な契約のために「アレ」を忘れずにチェック!

 

上記では実際の契約例を2点ご覧頂きましたが、それなりに値引き交渉もうまくいったように見受けられます。

 

でも、契約全体を当サイトで改めて確認した結果、満点とは程遠く、シャトルをもっと良い条件で入手できた可能性が高いと断言できます。

 

何に問題があったのかというと、それは「下取り額」です。

 

2つの契約例ともに、本来のクルマの価値よりも低い評価を付けられてしまっています。

 

クルマ専門買取業者の査定と比較すると、その額なんとマイナス10万円という結果に・・・。

 

「ディーラーは新車値引きで損したくなかったから下取り評価を意図的に下げたのでは?」と誤解されやすいのですが、それが全ての原因とは言い切れません。

 

というのもディーラー下取りは、その仕組み上どうしても査定額が低くなってしまう「理由」が存在するからです。

 

とはいえ、せっかくの新車購入はお得に契約したいですよね?

 

その解決法は存在します。

 

ディーラー下取りが低くなってしまうカラクリに加え、「下取り査定額の大幅アップを狙うための裏ワザ」について、下記リンクにて解説しています。

 

近い将来、シャトルの新車を購入する予定の方はぜひご覧ください。

 

→ ホンダ・シャトルをお得な価格で契約したい方はこちら

2018年 【シャトルの値引き交渉術】〇〇を見落としていませんか?

関連ページ

フリード
N-BOX
N-ONE
N-WGN
S660