2017年 フレアクロスオーバーを安く買う!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

2017年 フレアクロスオーバーを安く買う!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

◆フレアクロスオーバー契約時、値引き額をギリギリまでアップさせる方法とは?

2017年 フレアクロスオーバーを安く買う!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

引用:wikipedia

 

当ページでは、「フレアクロスオーバー」の購入予定者を対象に、契約時の値引きをギリギリまでアップさせる情報を紹介しています。

 

弊サイトで提供している情報によって「数十万円の値引き額アップができた」という方も実際にいらっしゃるため、一通りチェックしておいてください。

 

 

◆フレアクロスオーバー、目標とするべき値引き額は?【最新版・

 

フレアクロスオーバー値引き額、目標額は?・・・15万円

 

「フレアクロスオーバー」は、2015年の12月に発表されたマイナーチェンジ版が最新バージョンとなります。

 

それ以降、時間も経過していることもあり、現在は値引きを引き出しやすいタイミングといえます。

 

また、車両本体の値引きにあわせて、オプション品の値引きも交渉でアップさせることも可能です。

 

おおよその目安として「20%〜30%」をオプション関連の目標値引率としておくと良いでしょう。

 

 

◆フレアクロスオーバーの値引きアップを得やすいタイミングとは?

  • 1月〜3月 「決算期」
  • 6月〜7月 「ボーナス期」
  • 8月〜9月 「中間決算期」
  • 12月 「ボーナス期」

このように、1年のうちに値引額アップを期待しやすい時期は4つあります。

 

その中でも、特に値引き額アップのチャンスが大きいのは「決算期」です。

 

メーカーを問わず、決算期はディーラーが1年のうちでもっとも売り上げを必要とし、大々的なセールが始まるので効率的な値引きアップが期待できるのです。

 

ということで、値引き額の最大値を狙う場合は、「決算期」の購入をオススメします。

 

 

◆フレアクロスオーバーの値引き交渉方法は?

 

フレアクロスオーバーの値引きを行なう場合、ライバルメーカーの類似のクルマと競合していく方法がもっともお勧めです。

 

・ライバルメーカーのクルマとしては…

  • ハスラー(SUZUKI)
  • キャスト(DAIHATSU)
  • N-ONE(HONDA)

と、いったクルマでOKです。こういった中から見積もりを用意しておき、フレアクロスオーバーの販売担当者との交渉に臨みましょう。

 

なかでも「フレアクロスオーバー」は、スズキ自動車製造の「ハスラー」のOEM製品なため、上記クルマの中でも「ハスラー」は特に価格競合相手に適しています。

 

ただし、比較側のクルマの見積書作成にはコツがあります。

 

比較側のクルマの「グレード」「オプション」の2つを、購入予定の「フレアクロスオーバー」の内容に合わせた上で、しっかり値引き交渉まで行なう必要があります。

 

もしも、見積内容に不備があると、フレアクロスオーバーの交渉時に「値引きを引き出したいためのでたらめな内容だ」と営業マンに見破られてしまうおそれがあります。

 

交渉のペースを相手に握られてしまった場合、上記の値引き額を得るチャンスも消滅してしまう結果になりかねません。

 

お得に契約するためにも、見積書作成には充分に注意を払ってください。

 

 

◆フレアクロスオーバーを購入された方の例

 

契約例(1)XGグレード購入の場合
契約時期・2016年12月
契約者・兵庫県在住・41歳の男性

 

(XG)本体価格:1,338,120円
オプション価格:280,000円

 

クルマ本体に対する値引き額:150,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(2009年製・HONDA フィット):110,000円

 

税金・諸経費含む総額:1,412,760円

 

 

契約例(2)XGグレード購入の場合
契約時期・2016年12月
契約者・秋田県在住・41歳の女性

 

(XG)本体価格:1,338,120円
オプション価格:260,000円

 

クルマ本体に対する値引き額:100,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(2009年製・SUZUKI ワゴンR):120,000円

 

税金・諸経費含む総額:1,432,760円

 

 

◆フレアクロスオーバーの値引き額をギリギリまで高くするためには「アレ」に注目しよう

 

 

上記では、実際に購入された人たちの契約例を見て頂きました。

 

目標とすべき値引き額を得られただけで全体的に良い契約内容だったかというと、当サイト的には「惜しい」内容だったと言わざるをえません。

 

では、どのあたりに問題があったのでしょう?
新車買い替えユーザーが絶対に見逃してはならないのは、、、「下取り額」です。

 

ディーラーによる下取りサービスは、新車の納車に合わせて不要になったクルマを引き取ってもらえる利点があります。
が、新車をギリギリまで安く手に入れたい場合、上記の契約例のように「惜しい」契約になりかねないリスクがあるのです。

 

その理由は「ディーラー下取りはクルマ買取専門業者に売却するよりも不利な条件となる可能性が非常に高い」ためです。

 

「新車販売時の値引き額をカバーする意味で下取り額を意図的に下げたのでは?」と思われたかもしれませんが、それが全ての原因とは限りません。

 

もっとも可能性として考えられるのは、「ディーラー下取りは、安くせざるを得ない構造上の理由があるから」

 

でも、せっかく新車を購入する場合は、できるだけ値引きした上で購入したいですよね。その解決法はあるので心配無用です。

 

下記ページでは、ディーラー下取りの仕組みの詳細、さらに下取り額を大きくアップさせるためのコツについて解説しています。
この機会にチェックしておきましょう。

 

→ 下取り額を大きくアップさせて「フレアクロスオーバー」をできるだけ安くゲットしたい方はこちら

2017年 フレアクロスオーバーを安く買う!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

関連ページ

フレアワゴン