2017年 【フレアワゴンの最新値引き情報】

2017年 【フレアワゴンの最新値引き情報】

「フレアワゴン」をギリギリまで安く買うためにやっておくべきこととは?

2017年 【フレアワゴンの最新値引き情報】

引用:wikipedia

 

このページでは、「フレアワゴンをギリギリまで安くしたい」という方を対象にした解決策を紹介しています。

 

当サイトの情報によって「数十万円」の値引きアップを得られた方もいらっしゃるので、損をしないためにあなたもチェックしておきましょう。

 

 

フレアワゴン、どのくらいの値引きが可能?【最新版/

 

フレアワゴンの新車値引き可能額 ・・・15万円

 

フレアワゴンの最新バージョンは、2017年1月に出たマイナーチェンジ版です。

 

一般的なクルマの多くはマイナーチェンジ後の値引き幅は少なくなりがちですが、フレアワゴンは値引き額の影響が少ない特徴もあるため、マイナーチェンジ直後でもあまり気にしなくてOKです。

 

上記の額を得られるように、上手に交渉を進めていきましょう。

 

 

「フレアワゴン」の値引き、より大きくなるタイミングとは?

  • 1月〜3月 … 決算期
  • 6月〜7月 … ボーナス期
  • 8月〜9月 … 中間決算期
  • 12月 … ボーナス期

このように1年のあいだで数回、値引きアップのチャンスがありますが、より大きな値引きを狙いたいなら「決算期」の契約がオススメです。

 

その理由は、決算期はディーラーがもっとも売上を欲しい時期であり、全国にあるほとんどのディーラーで大規模なセールが始まるのでより良い条件を提示してもらいやすいからです。

 

ということで、フレアワゴンをより安く手に入れたいのなら決算期の購入を考えておきましょう。

 

 

「フレアワゴン」の値引き交渉で注意しておくべきこととは?

 

「フレアワゴン」新車の値引きは、ライバル車を価格競合に用いる方法が最も無難です。

 

ライバル車の例としては・・・

  • N-BOX(ホンダ)
  • スペーシア(スズキ)
  • タント(ダイハツ)

と、このような車種で見積もり依頼を出し、フレアワゴンの営業マンとの交渉に臨みましょう。

 

 

値引き交渉に用いる「ライバル車の見積書」は、取得前に注意しておくべき点があります。

 

それは「比較に使うだけの購入対象ではないライバル車も、値引き交渉をしっかり行ってから見積もってもらう」ということ。

 

フレアワゴンの販売員は仕事を通じて、お客の見積書を数多く見ているため、ライバル車の相場についても把握している可能性が高いはずです。

 

そのような販売のプロに対し適当に取得した見積書を見せた場合、あなたがライバル車を購入する気が無いことがバレてしまい、結果的に値引き額アップのチャンスを逃してしまうおそれがあるのです。

 

値引き交渉をスムーズに行なう意味でも、ライバル車のスペックやオプションを事前にしっかり調べておくことを忘れないようにしましょう。

 

 

フレアワゴン、購入された人たちの最近の契約内容

 

例(1)XS を契約
契約時期・2016年12月
契約者・静岡県/男性(37歳)

 

車両本体価格:1,468,800円
オプション:100,000円

 

車両本体の値引き:150,000円
オプションの値引き:0円
下取り額(2009年製造 ダイハツ・タント):180,000円

 

総額:1,344,300円
※税含む、諸経費込み

 

 

例(2)カスタムスタイルXS を契約
契約時期・2016年11月
契約者・茨城県/男性(45歳)

 

車両本体価格:1,732,320円
オプション:210,000円

 

車両本体の値引き:150,000円
オプションの値引き:50,000円
下取り額(2008年製造 ホンダ・ライフ):110,000円

 

総額:1,737,820円
※税含む、諸経費込み

 

 

フレアワゴンの新車はさらに値引き可能!? そのためには「○○」を絶対にチェック!

 

 

上記で紹介している契約例は、どちらもまずまずの値引き額を得られているようにも見えます。

 

しかし、全体的な内容をチェックしてみると、「損」してしまった残念な内容だったと言わざるを得ません。

 

当サイトでは、フレアワゴンの新車はまだまだ値引きできていた、と断言できるためです。

 

もっとハッキリ言ってしまうと、2つの契約は「上記の総額からさらに10万円の値引きができていた」のです。

 

どこに問題があったのかというと、「下取り額」です。

 

2名とも新車購入時のディーラーで下取りを依頼しているのですが、この価格が本来の中古車の相場よりも低いのです。

 

ディーラー側は新車分の値引きを回収するために下取り額を抑えたのではないか?と疑われたかもしれませんが、そうとは一概には言い切れません。

 

ディーラー下取りはその仕組み上、どうしても査定額が大きく目減りしてしまう「とある理由」が存在するためです。

 

「ディーラー下取りの査定額が減ってしまう理由」、さらには「査定額大幅アップが期待できるコツ」について下記リンク先で紹介しています。

 

近い将来、フレアワゴンの新車契約を予定されているのでしたら一通り理解しておきましょう。

 

 

→ マツダ・フレアワゴン新車の値引き額を最大限アップさせるにはこちら

2017年 【フレアワゴンの最新値引き情報】