2018年 【eKワゴンの大幅値引き術】値引き交渉の秘訣は〇〇にあり!

2018年 【eKワゴンの大幅値引き術】値引き交渉の秘訣は〇〇にあり!

◆安い価格でeKワゴンを買うために

2018年 【eKワゴンの大幅値引き術】値引き交渉の秘訣は〇〇にあり!

引用:wikipedia

 

通常よりも数十万円も安くeKワゴンを買うことができる方法を紹介します。

 

この方法を実行したところ、見事に値引きをしてもらうことができたという声も多数届いています。

 

 

◆eKワゴン、目標とするべき値引き額は?【最新版/

 

eKワゴンの値引き額、目標値はどのくらい?・・・15万円

 

このeKワゴンですが、現在販売されているのは2017年10月にマイナーチェンジが行われたモデルです。

 

実際の値引きですが、上記の価格までの値引きが受けられることが確認できています。

 

なお、オプションの値引きは10〜20%の値引きが受けられますのでこちらも本体と共に値引き交渉を行いましょう。

 

 

◆eKワゴンの値引き交渉におすすめの時期

  • 決算期:1月〜3月
  • ボーナス期(夏):6月〜7月
  • 中間決算期:8月〜9月
  • ボーナス期(冬):12月

これらの期間は、eKワゴンの値引きを受けるために適した時期です。

 

その中でも特に大きな値引きが受けられる可能性が高いのが、決算期でしょう。

 

この決算期とは、ディーラーが最も売上を重視する時期であり、それだけに大幅な値引きが期待できる時期であるともいえます。

 

値引き交渉にあまり自信がないという人であっても、この時期なら無理なく値引きしてもらえる可能性がありますので、eKワゴンの購入は決算期まで待ってみても良いかもしれません。

 

 

◆eKワゴンの値引き交渉の進め方

 

eKワゴンの値引きを引き出す交渉では、他社製造のライバル製品と競わせる方法がもっともお勧めです。

 

ちなみに、ライバル製品には以下のような車種があります。

  • NISSAN:デイズ
  • DAIHATSU:ムーヴ
  • HONDA:N-WGN
  • SUZUKI:ワゴンR

こういったクルマの中で、交渉に最適といえるのは「デイズ」です。

 

なぜかというと、eKワゴンとデイズは、三菱・日産が共同で開発を行った経緯があるだけでなく、それぞれのスペックがとても良く似ているためです。

 

最寄りにデイズを扱う販売店がある場合、見積を依頼しておき、本命のeKワゴンの交渉時に役立ててみてください。

 

 

ライバル車の相見積を用意する場合には、守るべき注意点が2つあります。

 

1つは「買おうと思っているeKワゴンと同じ装備をライバル車でも選んでおくこと」そしてもう1つは「実際に買うつもりがなくても、値引き交渉まで行ったライバル車の見積を用意すること」です。

 

eKワゴンの販売担当者は、ライバル車の見積についても最新のものを把握しています。

 

適当な見積を用意したところで値引き交渉材料として活用することができず、少ない値引きに終わってしまう可能性もあります。

 

そのため、ライバル車の見積は値引き交渉まで行ったしっかりとしたものを用意しましょう。

 

こうすることで「このお客さんは本当にeKワゴンとライバル車とで購入を迷っている」と販売担当者に思わせることができ、大幅な値引きが期待できるようになります。

 

 

◆eKワゴンの新車購入者の契約内容

 

契約例(1)eKワゴン「E e-Assist」グレード購入
現住所・北海道 
契約者・49歳・男性
契約時期・2018年8月

 

車両本体価格:1,109,160円
オプション:100,000円

 

車両本体の値引き額:100,000円
オプション値引き額:0円

 

下取り額(ワゴンR 2008年製):50,000円

 

総額:1,174,660円
(税金・諸経費込み)

 

 

契約例(2)eKワゴン「G Safety Package」グレード購入
現住所・北海道 
契約者・38歳・男性
契約時期・2018年6月

 

車両本体価格:1,413,720円
オプション:220,000円

 

車両本体の値引き額:150,000円
オプション値引き額:50,000円

 

下取り額(ノート 2009年製):80,000円

 

総額:1,462,780円
(税金・諸経費込み)

 

 

◆eKワゴンはさらなる値引きが可能!? 後悔しないために〇〇をチェック!

 

 

当サイトでチェックしたところ、上記に紹介した契約例2つともまだまだ値引きできる可能性がありました。

 

つまり、「もったいない契約だった」といえます。
その根拠にあたるのはどの部分なのか、あなたは分かりますか?

 

その答えは「下取り額」です。

 

2つの契約とも、この下取り額がかなり安くされてしまいました。

 

金額の詳細を調べてみると、その結果は「10万円」前後のマイナスだったのです。

 

どうしてこうなってしまったのでしょう?

 

「下取りに用いたクルマに何か問題があったのでは?」と思われた人もいるでしょう。

 

しかし一概にそうとも言えず、ディーラーに依頼する下取りは「システム上どうしても安くなってしまう理由が影響するから」なんです。

 

「じゃあ、ディーラーに下取りを出す場合は諦めなくてはいけないの?」と落胆されるかもしれませんが、ガッカリする必要はありません。

 

下取り額を大幅に増やす解決策は存在します。

 

下記のリンクでは、ディーラーによる下取りが安くなってしまう理由、さらには下取り額を大きく増やすためのコツについて掲載しています。

 

新車購入を考えていらっしゃるのであれば、ぜひ目を通してみてください。

 

→ eKワゴン購入時に、値引き額を大きくアップさせたいならこちら

2018年 【eKワゴンの大幅値引き術】値引き交渉の秘訣は〇〇にあり!

関連ページ

パジェロ
RVR