2017年 【eKワゴンの大幅値引き術】値引き交渉の秘訣は〇〇にあり!

2017年 【eKワゴンの大幅値引き術】値引き交渉の秘訣は〇〇にあり!

◆eKワゴン、新車の値引き状況について【最新版/

2017年 【eKワゴンの大幅値引き術】値引き交渉の秘訣は〇〇にあり!

引用:wikipedia

 

eKワゴンといえば、三菱自動車が製造・販売をしている軽サイズのトールワゴン。

 

車名の「eK」とは「いい軽をつくろう」という製作プロジェクト名が由来となっています。

 

初代eKワゴンは2001年に販売がスタートしたのち、いくつかのモデルチェンジを経て現在は3代目を迎えています。

 

 

◆eKワゴン、グレード別の本体価格 & 装備品

 

・グレード

  • 《E》 1,080,000円
  • 《M》 1,196,640
  • 《G》 1,311,120円
  • 《T》【Safety Package】 1,479,600円

 

 

・標準装備
《E》
エアコン(手動式)、キーレスエントリー、UVカットガラス

 

《M》
エアコン(自動式)、キーレスエントリー、IRカット & 99%UVカットガラス

 

《G》
エアコン(自動式)、キーレス操作システム、IRカット & 99%UVカットガラス、本革ステアリング、マルチアラウンドモニター、オートマチックハイビーム

 

《T セーフティパッケージ》
エアコン(自動式)、キーレス操作システム、IRカット & 99%UVカットガラス、本革ステアリング、マルチアラウンドモニター、オートマチックハイビーム、自動ブレーキ、誤発信抑制機能

 

 

 

◆eKワゴン、目標とするべき値引き額は?【最新版/

 

eKワゴンの値引き額、目標値はどのくらい?・・・15万円

 

留意点
(1)車両単体 & オプション無し で購入したときの額
(2)弊サイト・独自リサーチのデータをもとに算出(決算セールをはじめとした特価品は除外しています)

 

調べてみたところ、値引き額に関しては都心・地方のような地域差が影響することはありませんでした。

 

多少の差はあっても、日本全国のeKワゴン販売店では上記のような値引きが期待できるはずです。

 

そのため、あなたのお住まいの地域を気にすることなく、目標とすべき値引き額が得られるよう、うまく交渉を図ってみてください。

 

 

eKワゴンの値引きを引き出す交渉では、他社製造のライバル製品と競わせる方法がもっともお勧めです。

 

ちなみに、ライバル製品には以下のような車種があります。

  • NISSAN:デイズ
  • DAIHATSU:ムーヴ
  • HONDA:N-WGN
  • SUZUKI:ワゴンR

こういったクルマの中で、交渉に最適といえるのは「デイズ」です。

 

なぜかというと、eKワゴンとデイズは、三菱・日産が共同で開発を行った経緯があるだけでなく、それぞれのスペックがとても良く似ているためです。

 

最寄りにデイズを扱う販売店がある場合、見積もりを依頼しておき、本命のeKワゴンの交渉時に役立ててみてください。

 

 

◆eKワゴンの新車購入者の契約内容

 

契約例(1)eKワゴン「E」グレード購入
現住所・北海道 
契約者・49歳・男性
契約時期・2016年12月

 

(E)グレード車両本体価格:1,080,000円
オプション:100,000円

 

車両本体の値引き額:100,000円
オプション値引き額:0円

 

下取り額(ワゴンR 2008年製):50,000円

 

総額:1,133,660円
(税金・諸経費込み)

 

 

契約例(2)eKワゴン「G」グレード購入
現住所・北海道 
契約者・38歳・男性
契約時期・2016年11月

 

(G)グレード車両本体価格:1,311,120円
オプション:220,000円

 

車両本体の値引き額:150,000円
オプション値引き額:50,000円

 

下取り額(ノート 2009年製):80,000円

 

総額:1,362,780円
(税金・諸経費込み)

 

 

◆eKワゴンはさらなる値引きが可能!? 後悔しないために〇〇をチェック!

 

 

当サイトでチェックしたところ、上記に紹介した契約例2つともまだまだ値引きできる可能性がありました。

 

つまり、「もったいない契約だった」といえます。
その根拠にあたるのはどの部分なのか、あなたは分かりますか?

 

その答えは「下取り額」です。

 

2つの契約とも、この下取り額がかなり安くされてしまいました。

 

金額の詳細を調べてみると、その結果は「10万円」前後のマイナスだったのです。

 

どうしてこうなってしまったのでしょう?

 

「下取りに用いたクルマに何か問題があったのでは?」と思われた人もいるでしょう。

 

しかし一概にそうとも言えず、ディーラーに依頼する下取りは「システム上どうしても安くなってしまう理由が影響するから」なんです。

 

「じゃあ、ディーラーに下取りを出す場合は諦めなくてはいけないの?」と落胆されるかもしれませんが、ガッカリする必要はありません。

 

下取り額を大幅に増やす解決策は存在します。

 

下記のリンクでは、ディーラーによる下取りが安くなってしまう理由、さらには下取り額を大きく増やすためのコツについて掲載しています。

 

新車購入を考えていらっしゃるのであれば、ぜひ目を通してみてください。

 

→ eKワゴン購入時に、値引き額を大きくアップさせたいならこちら

2017年 【eKワゴンの大幅値引き術】値引き交渉の秘訣は〇〇にあり!

関連ページ

パジェロ
RVR