2018年 【パジェロの値引き交渉術】安く買いたいなら〇〇をチェック

2018年 【パジェロの値引き交渉術】安く買いたいなら〇〇をチェック

◆安くパジェロを買うために必要なこと

2018年 【パジェロの値引き交渉術】安く買いたいなら〇〇をチェック

引用:wikipedia

 

パジェロがほしい、でも高いのでできれば安く買いたい、そんな人のための方法がこちらです。

 

今回紹介するこの方法は、パジェロを数十万円も安く買うことができたという人もいる、非常におすすめの方法となっています。

 

といっても、決して難しい方法ではありませんのでご安心ください。

 

 

◆パジェロ、目標とするべき値引き額は?【最終更新/

 

パジェロの値引き目標額は・・・30万円

 

現在販売されているパジェロは、マイナーチェンジが2016年10月に行われたモデルです。

 

値引きの金額としては上記の金額まではできることを確認していますので、値引きの際には参考にしていただければと思います。

 

本体と共にオプションの値引きも交渉したいところですが、こちらは20〜30%の値引きができることを確認しています。

 

 

◆パジェロを安く買いたいならこの時期

  • 1月〜3月・決算期
  • 6月〜7月・ボーナス期(夏)
  • 8月〜9月・決算期(中間)
  • 12月・ボーナス期(冬)

パジェロを安く買いたいということであれば、上記の4つの時期はいずれも値引きが受けられる時期といえます。

 

そんな中でも1月〜3月にかけての決算期が最も大きな値引きが期待できます。

 

この決算期は、年間を通してディーラーが最も売上が必要な時期であり、とにかく売上金額を稼ぎたいと考える時期となっています。

 

そのため、値引き交渉も他の時期に比べると楽に進めることができる可能性も高く、パジェロを安く買いたいという人にとっては狙い目の時期といえるでしょう。

 

 

◆安くパジェロを買うための値引き交渉法

値引き交渉では、他メーカー車種とパジェロとを価格競合させる形が無難です。

 

・他メーカーの車種は例を挙げると

  • ランドクルーザー、FJクルーザー(TOYOTA)
  • ムラーノ(NISSAN)

このようなクルマを競合対象とし、見積もりを事前に用意しておき、三菱の担当者さんとの交渉に臨みましょう。

 

 

ライバル車の見積を用意して値引き交渉を行う場合には、以下の点に特に気をつけたいところです。

 

・購入予定のパジェロと似た装備をライバル車でも選ぶ
・実際に買うつもりがなくても、ライバル車の見積では値引き交渉までしっかりと行う

 

ライバル車について、パジェロの販売担当者は価格を始めとする様々な最新情報を把握しています。

 

もしも適当なライバル車の見積を用意したところで、パジェロの販売担当者に対しては値引き交渉の材料として活用することはできません。

 

ライバル車については実際に買う予定がないとしても、パジェロを安く買うという目的のためにもライバル車の見積はしっかりとしたものを用意しましょう。

 

 

◆パジェロ、最近契約した人たちの詳細について

 

例1「GR/ディーゼル」 を契約した男性

 

契約時期/地域・2017年12月/宮城県
契約者の年齢・34歳

 

本体(GR/ディーゼル):3,751,920円
オプション:250,000円

 

本体値引き額:300,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(’07年製造 三菱・パジェロ):480,000円

 

諸経費込み総額:3,284,730円
※税、諸経費も加算

 

 

例2「VR-U/ディーゼル」を契約した男性

 

契約時期/地域・2017年11月/北海道
契約者の年齢・52歳

 

本体(VR-U/ディーゼル):4,001,400円
オプション:280,000円

 

本体値引き額:300,000円
オプションの値引き額:100,000円

 

下取り額(’08年製造 日産/エクストレイル):690,000円

 

諸経費込み総額:3,303,110円
※税、諸経費も加算

 

 

◆値引き額だけでは不十分? 契約の際は絶対に「アレ」をチェックしておこう!

 

 

パジェロに限らず、新車購入時の値引き交渉だけ頑張っても、全体的な契約は損してしまうことが少なくありません。

 

上記で紹介している契約例では値引き額は及第点といえますが、大切な点を見落としていたせいで契約全体では「惜しい内容」になってしまっています。

 

当サイトでチェックしてみたところ、2つのケースはそれぞれ「20万円」を超えるマイナスの結果に・・・。

 

惜しい根拠といえるのは「下取り額」です。

 

上記契約2つとも「ディーラー下取り」を選んでいますが、この値がとても低いのです。

 

ディーラー下取りは、新車乗り換えをスムーズに行える利便性の高いサービスですが、ほとんどの場合、車買取専門業者の査定よりも低い評価になってしまう欠点も存在します。

 

「ディーラーは新車値引き分を穴埋めしたいから下取り価格下げているのでは?」と疑われたかもしれませんね。しかし、それが全ての原因ではありません。

 

正しくは、ディーラー下取りは、査定額が高確率で低くなる「理由」が存在するから。

 

しかし、諦める必要はありません。

 

下記リンク先では、「ディーラー下取り時の査定額が低くなる理由」、そして「下取り査定額アップの秘策」を紹介しています。

 

近い将来、新車契約を検討されているのでしたら、ぜひ目を通しておきましょう。

 

 

→ 三菱・パジェロの新車を可能なかぎり安く入手したい方はこちら

2018年 【パジェロの値引き交渉術】安く買いたいなら〇〇をチェック

関連ページ

eKワゴン
RVR