2017年【リーフの最新値引き情報】〇〇をうまく使った交渉術を公開!

2017年【リーフの最新値引き情報】〇〇をうまく使った交渉術を公開!

◆リーフを安く買う方法を知りたくありませんか?

2017年【リーフの最新値引き情報】〇〇をうまく使った交渉術を公開!

引用:wikipedia

 

リーフを購入するアナタへとっておきの情報を提供いたします。

 

これからお伝えする方法で数十万円も得をするチャンスを手に入れることができるので、全てしっかりとお読みください。

 

 

リーフ、どのくらいの値引きが可能?【/最新版】

 

リーフで可能な値引き額は・・・5万円

 

現在販売中のリーフですが、現在のモデルは2017年10月にフルモデルチェンジをしたものです。

 

リーフについては国からの購入補助金(最大で40万円)支給の対象になっているので、本体からの大きな値引きは難しいでしょう。

 

少しの値引きはあるかもしれませんが、そのために補助金が減らされる場合もあるので、詳しいことはディーラーにお問い合わせください。

 

なので、値引き交渉は車両本体よりオプションと作業工賃からの値引きの交渉に切り替えましょう。

 

 

◆一番リーフが値引きされやすい時期とは?

  • 【1月〜3月】決算期
  • 【6月〜7月】ボーナス期
  • 【8月〜9月】中間決算期
  • 【12月】ボーナス期

値引き交渉がしやすいのは、この4つの時期です。

 

この中でも最も大きく値引きされるのは決算期なので、本体からの値引きが期待できないリーフでもオプションの値引きを大きく引き出せるでしょう。

 

急いでリーフを購入しなければならないという方以外は決算期で買う計画をたててみましょう。

 

 

◆成功確率の高いリーフの交渉方法とは?

 

本体値引きが無いに等しいリーフは、ライバル車を利用してオプションからの値引きを狙いましょう。

 

ライバル車としてコチラの車の見積もりを準備して交渉に備えましょう。

 

〔ライバル車〕

  • トヨタ⇒プリウスPHV
  • テスラ⇒モデル3

 

ライバル車の見積もりを準備するときに気をつけて欲しいことがあります。

 

『ライバル車の仕様をよく調べ、リーフに近いオプションを選択する』
『本当は購入することのないライバル車の見積もりでも、きちんと値引きの交渉をして手に入れる』

 

以上の2つは忘れないようにしてください。

 

あなたが交渉する販売員は多くの取引をしているので、その中でライバル車の見積もりの相場は把握しているでしょう。

 

販売のプロと対決するわけですから、いい加減に取った見積もりでは交渉の武器にはなりません。

 

安くリーフを手に入れたいのなら、交渉の材料として利用するライバル車の見積もりを軽視しないことです。

 

回り道に思えてもライバル車の見積もりをしっかり準備することを忘れないようにしましょう。

 

 

リーフ、購入された人たちの最近の契約内容

 

例(1)グレード「X」を契約した男性の場合
現住所/年齢・茨城県在住/55歳
契約時期・2017年10月

 

車両本体価格:3,513,240円
オプション:350,000円

 

車両本体の値引き:0円
オプションの値引き:150,000円
下取り額(2010年製 ニッサン・ノート):100,000円

 

総額:3,705,251円
※税含む、諸経費込み

 

 

例(2)グレード「X」を契約した男性の場合
現住所/年齢・兵庫県在住/46歳
契約時期・2017年10月

 

車両本体価格:3,513,240円
オプション:210,000円

 

車両本体の値引き:50,000円
オプションの値引き:100,000円
下取り額(2009年製 ニッサン・キューブ):210,000円

 

総額:3,520,441円
※税含む、諸経費込み

 

 

ニッサン・リーフの値引きはもっとアップできる! 後悔しないために気をつけるべき箇所とは?

 

 

先ほど、リーフの直近の契約を2つご覧頂きましたが、あなたはどのように感じましたか?

 

可能な値引き額を引き出せているように見えますし、良い印象を持ったかもしれませんね。

 

が、冷静に契約全体をチェックしてみると及第点とはいえず、「もっと値引きできた」と当サイトでは判断しています。

 

その問題といえる箇所は・・・「下取り額」です。

 

どちらの契約も新車契約を行ったディーラーにて「下取り」しているのですが、この価格が本来のクルマの価値を大きく下回っているのです。

 

中古車専門買取業者の査定と比較すると、それぞれ10万円も低い結果に・・・。

 

「単純にディーラー側は損したくないから、新車の値引き額と下取り額とで調整を図ったのでは?」と誤解されたかもしれません。

 

しかし、実際にはディーラー下取りが低くなってしまう可能性としてもっとも考えられるのは、「とある理由」が存在するから。

 

ではどうしたら良いのでしょう? 当サイトではよりお得に契約するための方法をお伝えしているのでご安心ください。

 

ディーラー下取り時の査定額が低くなる「理由」、そして低くなりがちな下取り査定額を大きくアップさせる「コツ」について、次のページに記載しています。

 

もしも、リーフの新車契約を予定されているのなら、ぜひチェックしてみてください。

 

→ 下取り査定額をしっかりアップさせて「リーフ」を契約するにはこちら

2017年【リーフの最新値引き情報】〇〇をうまく使った交渉術を公開!