2017年 フォレスターを安く買う!〇〇を使った交渉術とは?

2017年 フォレスターを安く買う!〇〇を使った交渉術とは?

よりお得にフォレスターを購入するにはどうしたらいいのか?

2017年 フォレスターを安く買う!〇〇を使った交渉術とは?

引用:wikipedia

 

フォレスターを購入しようかと検討中の方へ、ためになる最新の値引き情報をご案内します。

 

情報を得て、それを利用するかしないかで、値引きの金額に数10万円もの違いが出る可能性があります。

 

お役に立てる情報なので、ぜひ交渉材料として利用してフォレスターをお得に購入してください。

 

 

フォレスターの値引き金額の目安は?(更新:

 

フォレスター・現在の値引き額の目安 《250,000円》

 

2012年から販売されている現在のフォレスターですが、2017年末〜2018年くらいにフルモデルチェンジされるという見込みがあります。

 

フルモデルチェンジ前の今、現行モデルで大きな値引きを引き出すチャンスと言えます。

 

そしてフォレスターは、大きなオプションも値引きを期待することが出来るので、オプションの値引き交渉をすることも忘れずに。

 

オプションの値引きの目安は、約三割から四割くらいです。

 

 

フォレスターを上手く値引き交渉できる時期は?

 

※1〜3月 〔決算期〕
※6〜7月 〔ボーナス期〕
※8〜9月 〔中間決算期〕
※12月  〔ボーナス期〕

 

これらの4つの時期がタイミングとしては良いのですが、一番値引きをしてもらえる可能性が高いのは1〜3月にある決算期です。

 

この決算期でディーラーはどこでも売り上げを上げようと力を入れていますから、キャンペーンなどで高い値引きを期待することができます。

 

次の狙い目はボーナス期で、このあたりでもキャンペーンが行われることが多いのですが一番にお勧めしたいのは、やはり1〜3月の〔決算期〕ですね。

 

 

具体的なフォレスター値引きの交渉方法とは?

 

基本的な値引き交渉の方法は、フォレスターのライバル車種との価格競争をさせるやり方です。

 

【フォレスターのライバル車種】

  • 三菱 アウトランダー
  • マツダ CX-5
  • 日産 エクストレイル

 

このライバルとされる車種の見積もりを取るときに気をつけて欲しいことがあるんです。

 

それは、購入しようと希望しているフォレスターのグレードと装備に合せた仕様のライバル車を調べ、買う気が無くとも購入するかのように値引き交渉をすることです。

 

適当に取った見積もりだと、ディーラーには見抜かれてしまい「これは買う気のない見積もりだな。」とバレます。

 

そうしたら、もう販売員の思うつぼにはまり、最低の値引き額で買わされてしまうことでしょう。

 

ですので、買う気のないライバル車の見積もりでも、値引き交渉をちゃんとしたものを持って行ってフォレスターの交渉をしましょう。

 

 

またスバル車全般に関しては、同じスバル内の車種同士を価格競争させるという交渉方法もあります。

 

それは『違う経営者の販売所で見積もりを得る』ということです。

 

スバルにおいては、各都道府県にひとつの法人が基本的に正規のディーラーをすることになっています。

 

なので、お住まいの近くの他都道府県にあるディーラーで取った見積もりも有効なのです。

 

そして、スバルの新車も扱う中古車販売所と新車を取り扱っている整備工場での見積もりも使えます。

 

スバルのHPで販売所の情報を得ることが出来ますので、見積もりを取れるだけ取ってからフォレスター購入の交渉をしましょう。

 

 

フォレスター購入の実例をご覧ください

 

■大阪府にお住まいの40歳男性(契約:2016年12月)

 

本体金額 2.0XT Eyesight ⇒¥3,128,000
オプション金額 ⇒¥520,000

 

本体値引き金額 ⇒¥250,000
オプション値引き金額 ⇒¥200,000
下取り金額 2008年型 エクストレイル ⇒¥230,000

 

合計金額 ⇒¥3,206,830(諸経費含む)

 

 

■岡山県にお住まいの38歳男性(契約:2017年2月)

 

本体金額 S-Limited ⇒¥2,894,400
オプション金額 ⇒¥480,000

 

本体値引き金額 ⇒¥200,000
オプション値引き金額 ⇒¥200,000
下取り金額 2011年型 フィット ⇒¥150,000

 

合計金額 ⇒¥3,062,470(諸経費含む)

 

 

フォレスターはもっと値引きができる?損をしないその方法とは

 

 

実例ではフォレスターの値引き額の目安あたりまで値引きを引き出せていて、オプションもちゃんと値引きされていますね。

 

でも、まだ値引きをしてもらえるとしたらどこに注目すればいいのか?

 

それは「下取り金額」なのです。

 

この下取り金額なのですが、残念ながらディーラーでは、どこの車でも結構低めに見積もりをされてしまいます。

 

営業さんが値引きをし過ぎたからと下取り額で利益を上げようとしたと推測することもできるのですが、ディーラーの下取り額には低くされてしまうのには訳があります。

 

また、下取り額を高くする方法も掴んでいます。

 

次のページでは、「どうしてディーラーの下取り金額が安くなるのか」そして「下取り金額を高くする方法」を解説しています。

 

 

→フォレスターを安く購入するコツはこちら

2017年 フォレスターを安く買う!〇〇を使った交渉術とは?