2017年 【レガシィB4の最新値引き情報】

2017年 【レガシィB4の最新値引き情報】

◆「レガシィB4」を契約する際に役立つ、より安くなるおトク情報

2017年 【レガシィB4の最新値引き情報】

引用:wikipedia

 

ここでは、「レガシィB4」を近いうちに契約される人のために、購入額がより安くなる情報を紹介しています。

 

この情報を理解したことで「10万円」の値引きアップを得られた方もいらっしゃいます。
おトクに契約するためにも一通りチェックしてみてください。

 

 

◆レガシィB4、どのくらいの値引きが可能?【更新】

 

レガシィB4新車での可能な値引き額は・・・25万円

 

最新の「レガシィB4」は、2016年の10月に出たマイナーチェンジ版です。

 

そして、2017年・10月には年次のマイナーチェンジのリリースが控えています。
その間は値引き額のアップが期待できます。

 

値引き額は上記にある額を目標値としてみましょう。

 

また、車両本体だけでなくオプションの値引きも可能です。
オプションについては「30〜40%」を割引率の目安としておくと良いです。

 

 

◆「レガシィB4」、値引き額のチャンスが大きくなるタイミングとは?

  • 1〜3月 / 決算期
  • 6〜7月 / ボーナス期
  • 8〜9月 / 中間決算期
  • 12月 / ボーナス期

・・・と、値引きアップが期待できるタイミングは1年で4回あります。特に「決算期」は値引き幅が大きくなりやすい傾向にあります。

 

その理由は、大半のディーラーが1年でいちばん売り上げを求める時期であるため。

 

ということで、「レガシィB4」の購入額をできるだけ下げたいのであれば「決算期」に購入することをオススメします。

 

 

◆「レガシィB4」をお得に契約するための具体的な交渉方法とは?

 

レガシィB4の値引き交渉では、ライバル車と競合させていく方法がもっともお勧めです。

 

そのライバル車ですが、例を挙げると・・・

  • 日産・ティアナ
  • マツダ・アテンザセダン
  • トヨタ・マークX

上記の車種で事前に見積もりを用意しておき、レガシィB4の販売担当者との交渉に臨みましょう。

 

 

「レガシィB4」の値引きに用いるライバル車の見積り書は、作成時に注意しておくべき点があります。

 

何かというと、「レガシィB4とライバル車のオプション内容を揃え、ライバル車の値引き交渉を丁寧に行なう」こと。

 

値引き交渉を行なう際、あなたはクルマの商談のプロを相手にしなくてはなりません。

 

万が一、ずさんな内容の見積り書を用いた場合、相手に交渉のペースを握られてしまうおそれがあります。

 

ヘタをすると、目標の値引き額を大きく下回る結果に終わってしまうかも・・・。

 

見積り書をしっかり作成することで販売員の方から良い条件を得やすくなるので、交渉をがんばっていきましょう。

 

 

◆レガシィB4を最近購入した人たちの契約内容

 

例(1)LEGACY B4 Limited を契約
契約者・45歳男性(東京都)
契約時期・2016年12月

 

(LEGACY B4 Limited)本体価格:3,153,600円
オプション:380,000円

 

クルマ本体の値引き額:250,000円
オプションの値引き額:100,000円

 

下取り額(インプレッサ ’08年式):120,000円

 

トータル:3,245,660円
税込み価格

 

 

例(2)LEGACY B4 Limited を契約
契約者・45歳男性(愛知県)
契約時期・2016年10月

 

(LEGACY B4 Limited)本体価格:3,153,600円
オプション:300,000円

 

クルマ本体の値引き額:250,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(レガシィB4 ’10年式):650,000円

 

トータル:2,685,660円
税込み価格

 

 

◆値引き額以外にもチェックが必要! 見落とすと損するおそれも・・・

 

 

先程紹介した2つの例は値引き交渉もうまくいったみたいですし、及第点だったのでは?と思われたかもしれませんね。

 

が、当サイトでは、どちらの契約も相当額の「損」が生じた残念な内容だった、、、と判断しています。

 

一体、何が問題だったのでしょう?

 

その答えは「下取り額」です。

 

新車購入時は損をしないためにも、「下取り額」をしっかりチェックしておく必要があるのです。

 

それぞれの契約ともに、新車契約を行ったディーラーでの下取りを行っています。

 

しかし、この価格がかなり相場価値よりも低い結果となりました。

 

なんと、クルマ買取り業者による査定と比較すると、その差額は20万円のマイナスに・・・。

 

下取りに出したクルマの走行距離が多すぎたのでしょうか? その可能性もゼロではないでしょう。

 

が、もっと重要な問題があります。

 

それは「ディーラーによる下取りは、構造上どうしても安くなる理由がある」という点です。

 

そうはいっても、せっかく新車を購入するのなら、少しでも安く手に入れたいと思いますよね。その解決法は存在するので心配無用です。

 

下記リンクでは、ディーラーに依頼する下取りが安くなってしまう原因、そして下取り査定額を大きくアップさせるためのコツについて解説しています。

 

レガシィB4を購入される予定でしたら、ぜひご覧になってください。

 

→ レガシィB4の新車をさらにお得な価格でゲットするにはこちら

2017年 【レガシィB4の最新値引き情報】