2018年 【カローラアクシオの最新値引き情報】

2018年 【カローラアクシオの最新値引き情報】

◆カローラアクシオを安く手に入れたいならこの方法

2018年 【カローラアクシオの最新値引き情報】

引用:wikipedia

 

カローラアクシオを買いたい、そう思っている人にぜひ紹介したいのがこの方法です。

 

この方法をそのまま実行しただけで、10万円もの値引きを受けることができたという人もいます。

 

カローラアクシオを買う際にはこの方法をぜひお試しください。

 

 

カローラアクシオ、どのくらいの値引きが可能?【最新版/

 

カローラアクシオの新車、可能な値引き額は・・・20万円

 

現行のカローラアクシオの仕様は2017年10月のマイナーチェンジされたもので販売されています。

 

上記の金額前後は値引きが期待できますので、値引き交渉の際にはこの価格を目標としたいところです。

 

また、オプションについては20〜30&ほどの値引きが受けられます。

 

 

◆カローラアクシオの値引きが受けられる時期について

  • 1月〜3月・決算期
  • 6月〜7月・ボーナス期(夏)
  • 8〜9月・中間決算期
  • 12月・ボーナス期(冬)

これらの期間は基本的にカローラアクシオの値引きが受けられる期間ではありますが、中でも特に大幅値引きが期待できるのが1月〜3月の決算期です。

 

決算期ともなればどのディーラーでも少しでも売上を伸ばしたい時期ですが、それはカローラアクシオのディーラーであっても例外ではありません。

 

そのため、大幅な値引きを受けやすく、価格交渉に慣れていないという人であっても無理なく値引きをしてもらえる可能性があります。

 

少しでも安くカローラアクシオを買いたいということであればこの時期が狙い目です。

 

 

◆具体的なカローラアクシオの価格交渉の方法について

値引きをしてもらうための有効な方法は、カローラアクシオのライバル車との相見積もりです。

 

カローラアクシオのライバル車

  • 日産・「ラティオ」
  • ホンダ・「グレイス」
  • マツダ・「アクセラセダン」

とはいえ、ただ単にライバル車の見積をとれば良いというわけではありません。

 

・カローラアクシオとライバル車とで仕様や装備をあわせる
・ライバル車の見積では実際に買うことを前提に考えて値引き交渉まで行う

 

あくまでも本命はカローラアクシオの購入ですが、だからといって適当な見積ではカローラアクシオの販売員にすぐに見抜かれてしまいます。

 

というのは、カローラアクシオの販売員は常にライバル車の見積を他の購入希望者から見せられており、そのため常に最新の情報を把握しているためです。

 

適当な見積を取るのではなく、そのライバル車を本気で購入するつもりで値引き交渉まで行った見積を用意するようにしましょう。

 

カローラアクシオを安く買うための値引き交渉には、ライバル車の見積こそ適当な内容ではなく、しっかりとした内容で取ることが大切です。

 

 

カローラアクシオ、購入された人たちの最近の契約内容

 

例(1)HYBRID G を契約
契約時期・2018年4月
契約者・大阪府在住・男性(59歳)

 

車両本体価格:2,298,240円
オプション:220,000円

 

車両本体の値引き:200,000円
オプションの値引き額:50,000円
下取り額(2007年製 スバル・レガシィ):210,000円

 

総額:2,143,115円
※税含む、諸経費込み

 

 

例(2)HYBRID を契約
契約時期・2018年6月
契約者・大分県在住・男性(56歳)

 

車両本体価格:2,073,600円
オプション:120,000円

 

車両本体の値引き:200,000円
オプションの値引き額:0円
下取り額(2008年製 トヨタ・クラウンセダン):220,000円

 

総額:1,876,558円
※税含む、諸経費込み

 

 

カローラアクシオの値引きはまだまだ得られる! そのために「○○」をきちんとチェックしよう

 

上記で紹介している契約例はどちらも値引きは合格点といえます。

 

しかしながら、契約全体を見渡してみた場合は、「もったいない契約であった」と言わざるを得ません。

 

その理由は、2つの契約ともに本来得られるはずの値引きのチャンスを逃してしまっているためです。

 

改めて「下取り」の箇所を見てみましょう。

 

実は下取りの箇所に大きな問題があったのです。

 

2つとも新車契約を行ったディーラーにて下取りを行っているのですが、クルマの現在の資産価値よりも低い評価を付けられています。

 

なんとクルマ買取専門業者が行なう査定と比較すると、10万〜20万円もマイナスに・・・。

 

「新車を販売しているディーラーは、クルマの値引きで損したくなかったから下取りを低くしたのでは?」と誤解されたかもしれませんが、それだけが原因とは限りません。

 

なぜなら実際にディーラー下取り額が低くなるのはそのシステム上の「理由」が大きな影響を及ぼすため。

 

では、私たちがお得な新車契約を行なうにはどうしたら良いのでしょう?

 

当サイトではその解決法を提案しています。

 

「ディーラー下取り額が低くなる理由」「ディーラー下取り時の査定額をぐっと引き上げる秘策」を下記リンクにて解説しています。

 

これから新車契約を考えているのであれば、ぜひチェックしてみてください。

 

→ カローラアクシオの新車は、お得な価格で契約したいならこちら

2018年 【カローラアクシオの最新値引き情報】