2017年 【ハイエースの最新値引き情報】

2017年 【ハイエースの最新値引き情報】

お得にハイエースを購入したい方へお届けする情報です

2017年 【ハイエースの最新値引き情報】

引用:トヨタHP

 

今、ハイエースの購入を検討されている人に、よりお得に手に入れるための交渉法をお伝えしています。

 

この方法を利用して数十万円もお得に購入できた方もおられますので、しっかり読み込んで活用していただければと思います。

 

 

ハイエース値引の目標金額はいくらか?(・更新)

 

ハイエースの値引の目標金額 \400,000

 

現在販売されているのは平成27年1月にマイナーチェンジをしたハイエースです。

 

フルモデルチェンジされた新型が2019年の初頭に発売されるという情報がありますから、現在のハイエースのモデルをお望みならば、今から購入するための準備を進めるのが良いと思います。

 

 

ハイエースを大幅に値引してもらえる時期は?

  • 〔1月〜3月〕 決算期
  • 〔6月〜7月〕 ボーナス期
  • 〔8月〜9月〕 中間決算期
  • 〔12月〕 ボーナス期

最もいいタイミングなのは、この4つの時期の中でも『決算期』です。

 

この決算期では多くのディーラーで決算セールが行われるので、値引競争が激しくなり大幅な値引きが期待できる時です。

 

急ぐ理由がないのなら、そしてハイエースをできるだけ安く手に入れたいと望まれるなら、決算期を待って購入することをお勧めします。

 

 

具体的なハイエースの交渉の方法とは?

 

値引交渉の時は、次のハイエースのライバル車の見積もりと競争させることが得策です。

 

《ライバル車》

  • 日産⇒キャラバン

 

ライバル車の見積もりを取得するときにしてはいけないことがあります。

 

それは『「ハイエースの値引交渉をするためにだけ取る見積もりだから」という気持ちでライバル車の見積もりを取ってはいけない』ということです。

 

毎日商談を行っているハイエースの販売員はプロなので、簡単に取った見積もりでは見抜かれてしまい、少ない値引き額で終わってしまうかも。

 

ライバル車の見積もりを取得するときは「目当てのハイエースの装備に合わせたものを選択する」そして「実際には買わないけれどもちゃんと値引き交渉する」ことを覚えておいて見積もり取得に向かいましょう。

 

 

ハイエースの購入者の実例

 

▼山形県在住の36歳男性(平成29年3月契約)

 

車両本体金額《GL》 ¥2,964,109
オプション金額 ¥320,000

 

車両本体値引金額 ¥400,000
オプション値引き金額 ¥100,000
下取り金額《2010年型 アルファード》 \1,130,000

 

合計金額 ¥1,931,296 (諸経費込み)

 

 

▼奈良県在住の42歳男性(平成29年1月契約)

 

車両本体金額《GL 4WD》 ¥3,268,473
オプション金額 ¥230,000

 

車両本体値引金額 ¥300,000
オプション値引き金額 ¥100,000
下取り金額《2008年型 セレナ》 ¥210,000

 

合計金額 ¥3,185,560 (諸経費込み)

 

 

まだ安くハイエースを買えるのか?より安く手に入れるための方法は?

 

 

実例では、上手く値引をしてもらったように思えますね。

 

けれども、当サイトにおいてはこれ以上の値引ができるはずだと判断しているんです。

 

注目して欲しいポイントは【下取り金額】

 

相場よりも下取り金額がずいぶんと少なめに見積もられています。

 

ディーラーでの下取り金額が少なめにされてしまう理由が存在していることをご存じの方は少ないようですね。

 

ディーラーの下取り金額が少ない訳と下取り金額をもっと上げる方法は次のページで解説します。

 

→もっとお得にハイエースを手に入れるための方法はこちらへ

2017年 【ハイエースの最新値引き情報】