2017年 【ランドクルーザーの大幅値引きを引き出す方法】

2017年 【ランドクルーザーの大幅値引きを引き出す方法】

ランドクルーザー、新車契約時の値引き状況について【更新 /

2017年 【ランドクルーザーの大幅値引きを引き出す方法】

引用:wikipedia

 

ランドクルーザー(Land Cruiser)は、トヨタ自動車が製造・販売をしている人気車種。

 

「ランクル」という愛称を持つクロスカントリータイプの大型車です。

 

ランドクルーザーの名称が用いられたのは1954年。以降、トヨタを代表する大型車として親しまれています。

 

 

ランドクルーザー、グレード別価格と装備品

 

・グレード

  • 《GX》 4,728,437円
  • 《AX》 5,134,909円
  • 《AX - Gセレクション》 5,854,582円
  • 《ZX》 6,825,600円

 

 

・装備
《GX》
エアコン(オート)、Toyota Safety Sense P(衝突回避支援パッケージ)

 

《AX》
エアコン(オート)、Toyota Safety Sense P(衝突回避支援パッケージ)、ヘッドランプ(LEDライト)、アルミホイール(18インチ)、ステアリング(レザー)

 

《AX - Gセレクション》
エアコン(オート)、Toyota Safety Sense P(衝突回避支援パッケージ)、ヘッドランプ(LEDライト)、アルミホイール(18インチ)、木目調&レザーステアリング(ヒーター機能)、KDSS、VGRS(ギヤ比可変ステアリング機能)、レザーシート

 

《ZX》
エアコン(オート)、Toyota Safety Sense P(衝突回避支援パッケージ)、ヘッドランプ(LEDライト)、アルミホイール(20インチ)、木目調&レザーステアリング(ヒーター機能)、4-Wheel AHC&AVS、VGRS(ギヤ比可変ステアリング機能)、レザーシート、エアロパーツエクステリア

 

 

ランドクルーザー、どのくらいの値引きが可能?【/更新版】

 

ランドクルーザーで可能な値引き額は・・・35万円

 

注意点
※車両本体のみ&追加オプションゼロの場合での値です
※弊サイトによる独自リサーチ結果をもとに算出しています
※決算セール品、訳あり品などは対象外としています

 

 

ランドクルーザーの値引きを効率的に得たいのであれば、他メーカーが製造している近いスペックのクルマと価格競合させる方法が最もオススメかつ無難です。

 

近いスペックのクルマは複数ありますが、例を挙げると以下になります。

  • X5(BMW)
  • Q7(アウディ)
  • レンジローバー(ランドローバー)
  • GLクラス(メルセデス)

こういった車種の中から見積もり依頼を行い、ランドクルーザーの販売担当者との交渉を進めてみてください。

 

 

ランドクルーザー、購入された人たちの最近の契約内容

 

例(1)ZX を契約
契約時期・2016年12月
契約者・大阪府/男性(47歳)

 

グレード(ZX):6,825,600円
オプション:350,000円

 

車両本体の値引き:350,000円
オプションの値引き:0円
下取り額(2009年製造 トヨタ・ハイラックスサーフ):1,230,000円

 

総額:5,960,917円
※税含む、諸経費込み

 

 

例(2)AX を契約
契約者・東京都/男性(44歳)
契約時期・2016年10月

 

グレード(AX):5,134,909円
オプション:420,000円

 

車両本体の値引き:350,000円
オプションの値引き:100,000円
下取り額(2009年製造 トヨタ・ランドクルーザー):2,200,000円

 

総額:3,215,626円
※税含む、諸経費込み

 

 

新車購入時は値引き額だけでは不十分!? 後悔しないよう「〇〇」をきちんとチェックしておこう

 

上記では直近の契約例を2つご覧いただきました。

 

クルマ本体に対する値引き額も充分に見えますし、それなりに契約者も満足されたとは思います。

 

しかし、全体的な契約内容をチェックした結果、ランドクルーザーはさらに安く買えるチャンスがあったと当サイトでは判断します。

 

つまり、「損」してしまった内容といえるのです。

 

どのあたりに問題があったのか・・・その答えは「下取り額」にあります。

 

いずれの契約も新車契約時のディーラーにて「下取り」を行っていますが、この金額が現在のクルマの市場価値と比較すると大きく下回っているのです。

 

クルマ専門買取業者による査定額と比較すると、その差は明らかで、およそ30万円〜50万円もマイナスに・・・。

 

「新車を売ってるディーラーは、値引き分で損したくなかったから下取り額を意図的に低くしたのでは?」と誤解されたかもしれませんが、それが答えとは限りません。

 

なぜなら、ディーラー下取りは、査定額がどうしても低くなる仕組み上の「理由」が影響するからです。

 

しかし、心配は無用です。「査定額が低くなってしまう」問題の解決法を当サイトでは提案しています。

 

「ディーラー下取り時の査定額が低くなってしまう理由」に加え「低くなってしまう査定額の大幅アップのコツ」を下記ページで説明しています。

 

近い将来、ランドクルーザーの契約を検討されているのでしたらぜひチェックしてみてください。

 

 

→ トヨタ・ランドクルーザーの値引き額を大きくアップさせて手に入れるにはこちら

2017年 【ランドクルーザーの大幅値引きを引き出す方法】