2019年 【ランドクルーザーの大幅値引きを引き出す方法】

◆ランドクルーザーを低価格で買うための秘策は?

2019年 【ランドクルーザーの大幅値引きを引き出す方法】

引用:wikipedia

 

ランドクルーザーを購入しようと思っているあなたに、なるべく安く購入できる秘策をお伝えしていきます。

 

この方法で実際にランドクルーザーを購入し、とても低価格で契約できたと言う方もいらっしゃいます。
その値引き金額も、数十万円ということです。

 

さあ、あなたも是非この情報を目にして、ランドクルーザーを低価格で手に入れましょう。

 

 

ランドクルーザー、どのくらいの値引きが可能?【/更新版】

 

ランドクルーザーで可能な値引き額は・・・35万円

 

今、販売されているランドクルーザーは、2017年7月にマイナーチェンジされたものです。

 

目安となる値引き金額は上記のとおりですが、価格交渉時にはこの金額を参考にしていただけたらと思います。

 

また、オプションについての値引き交渉は20〜30%くらいまで可能です。
オプションの方にも力を入れていきましょう。

 

 

◆ランドクルーザーを低価格に出来る最適な時期は?

 

2019年 【ランドクルーザーの大幅値引きを引き出す方法】

  • 1月〜3月:決算期
  • 6月〜7月:ボーナス期
  • 8月〜9月:中間決算期
  • 12月:ボーナス期

上記が値引きに期待できる時期となりますが、その中でも1月〜3月の決算期がさらに期待できます。

 

何故かと言うと、決算期である3月がディーラーにとって1年の内で最も売り上げが欲しい時期だからです。

 

ほぼ全てのディーラーがこぞって車の販売に力を入れるので、購入側も非常に値引き交渉しやすい期間です。

 

購入時期にこだわらない、値引き交渉するのが苦手だ、という方は、この決算期にランドクルーザーを購入されてはいかがでしょうか。

 

 

◆ランドクルーザーの値引き交渉の具体的な方法について

 

2019年 【ランドクルーザーの大幅値引きを引き出す方法】

 

ランドクルーザーの値引きを効率的に得たいのであれば、他メーカーが製造している近いスペックのクルマと価格競合させる方法が最もオススメかつ無難です。

 

近いスペックのクルマは複数ありますが、例を挙げると以下になります。

  • X5(BMW)
  • Q7(アウディ)
  • レンジローバー(ランドローバー)
  • GLクラス(メルセデス)

こういった車種の中から見積もり依頼を行い、ランドクルーザーの販売担当者との交渉を進めてみてください。

 

 

ランドクルーザーとライバル車の見積もり依頼にあたって、ひとつ注意すべき点があります。

 

それは、ライバル車にランドクルーザーと同様の装備やオプションを選んで見積もりをお願いすることです。

 

契約交渉の相手となるディーラー販売員は、毎日のように来店客からライバル車の見積もりを提示されます。

 

いわば目の慣れている相手に、適当な見積もりを見せて交渉にあたっても大幅な値引きの期待は薄いでしょう。

 

どうせ買わない車だから、と思わず、本当に欲しいランドクルーザーの見積もりと同じくらいの気持ちで、用意するライバル車の見積もりもしっかりとしておくようにすることが低価格で購入するための秘策となります。

 

 

◆ランドクルーザー、購入された人たちの最近の契約内容

 

2019年 【ランドクルーザーの大幅値引きを引き出す方法】

 

例(1)ZX を契約
契約時期・2019年1月
契約者・大阪府/男性(47歳)

 

グレード(ZX):6,847,200円
オプション:350,000円

 

車両本体の値引き:350,000円
オプションの値引き:0円
下取り額(2009年製造 トヨタ・ハイラックスサーフ):1,230,000円

 

総額:5,960,917円
※税含む、諸経費込み

 

 

例(2)AX を契約
契約者・東京都/男性(44歳)
契約時期・2019年2月

 

グレード(AX):5,151,600円
オプション:420,000円

 

車両本体の値引き:350,000円
オプションの値引き:100,000円
下取り額(2009年製造 トヨタ・ランドクルーザー):2,200,000円

 

総額:3,215,626円
※税含む、諸経費込み

 

 

◆新車購入時は値引き額だけでは不十分!? 後悔しないよう「〇〇」をきちんとチェックしておこう

 

 

上記では直近の契約例を2つご覧いただきました。

 

クルマ本体に対する値引き額も充分に見えますし、それなりに契約者も満足されたとは思います。

 

しかし、全体的な契約内容をチェックした結果、ランドクルーザーはさらに安く買えるチャンスがあったと当サイトでは判断します。

 

つまり、「損」してしまった内容といえるのです。

 

どのあたりに問題があったのか・・・その答えは「下取り額」にあります。

 

いずれの契約も新車契約時のディーラーにて「下取り」を行っていますが、この金額が現在のクルマの市場価値と比較すると大きく下回っているのです。

 

クルマ専門買取業者による査定額と比較すると、その差は明らかで、およそ30万円〜50万円もマイナスに・・・。

 

「新車を売ってるディーラーは、値引き分で損したくなかったから下取り額を意図的に低くしたのでは?」と誤解されたかもしれませんが、それが答えとは限りません。

 

なぜなら、ディーラー下取りは、査定額がどうしても低くなる仕組み上の「理由」が影響するからです。

 

しかし、心配は無用です。「査定額が低くなってしまう」問題の解決法を当サイトでは提案しています。

 

「ディーラー下取り時の査定額が低くなってしまう理由」に加え「低くなってしまう査定額の大幅アップのコツ」を下記ページで説明しています。

 

近い将来、ランドクルーザーの契約を検討されているのでしたらぜひチェックしてみてください。

 

 

→ トヨタ・ランドクルーザーの値引き額を大きくアップさせて手に入れるにはこちら

2019年 【ランドクルーザーの大幅値引きを引き出す方法】