2017年 【プリウスPHVを激安購入】交渉時に見落としがちな〇〇とは?

2017年 【プリウスPHVを激安購入】交渉時に見落としがちな〇〇とは?

よりお得にプリウスPHVを購入するにはどうしたらいいのか?

2017年 【プリウスPHVを激安購入】交渉時に見落としがちな〇〇とは?

引用:wikipedia

 

プリウスPHVを購入しようかと検討中の方へ、ためになる最新の値引き情報をご案内します。

 

情報を得て、それを利用するかしないかで、値引きの金額に数10万円もの違いが出る可能性があります。

 

お役に立てる情報なので、ぜひ交渉材料として利用してプリウスPHVをお得に購入してください。

 

 

プリウスPHVの値引き額はいくら得られる?(/改訂版)

 

プリウスPHVの最新モデルで得られる値引き額は・・・5万円

 

最新モデルとなるプリウスPHVは2017年2月に発売されたばかりです。
人気車種の新製品のため、得られる値引き額はあまり期待しない方が良いと思います。

 

クルマの値引きに関しては上記の金額を得た後、オプション品の値引き依頼を粘ってみましょう。

 

オプション構成や総額によって多少変動するものの、15%〜20%の値引き率を目安に考えてみてください。

 

 

プリウスPHVを上手く値引き交渉できる時期は?

  • 1〜3月 〔決算期〕
  • 6〜7月 〔ボーナス期〕
  • 8〜9月 〔中間決算期〕
  • 12月  〔ボーナス期〕

これらの4つの時期がタイミングとしては良いのですが、一番値引きをしてもらえる可能性が高いのは1〜3月にある決算期です。

 

この決算期でディーラーはどこでも売り上げを上げようと力を入れていますから、キャンペーンなどで高い値引きを期待することができます。

 

次の狙い目はボーナス期で、このあたりでもキャンペーンが行われることが多いのですが一番にお勧めしたいのは、やはり1〜3月の〔決算期〕ですね。

 

 

プリウスPHV購入時、オススメの交渉方法は?

 

プリウスPHVの値引きは、ライバル関係にあたるクルマと価格競合させる方法がもっともお勧めです。

 

プリウスPHVとライバルになり得るのは・・・

  • ノートe-Power(日産)
  • アウトランダーPHEV(三菱)

上記のクルマを扱うディーラーに見積もり依頼を出してみましょう。

 

この中でも、「ノートe-Power」は人気・注目度も高く、プリウスPHVとは価格帯が違うとはいえ、とても比較対象には向いています。

 

 

なお、ライバル車の見積もり依頼する際、特に実践してもらいたい点があります。

 

それは、「購入予定のプリウスPHVのグレードとオプション内容を揃えて、比較対象とするライバル車の値引き交渉もしっかり行なう」ということです。

 

購入する予定がない方の見積もりを雑にしてしまうと、肝心のプリウスPHVの交渉時に「値引き目的のための見積もりじゃないか?」と疑われてしまうおそれがあるからです。

 

交渉であなたの本心が見破られてしまっては、満足いく値引きが得られず、損してしまうかも・・・。

 

後々に落胆しないためにも、多少面倒ではありますが比較する側のクルマの見積もりも気を抜かずに作成してください。

 

 

このほか、プリウスPHVを販売する複数のディーラーで比較していく方法でも大丈夫です。

 

プリウスPHVは、「ネッツ店」「カローラ店」「トヨタ店」「トヨペット店」のトヨタの4系列のどこでも取り扱い対象となります。

 

交渉を並行して進めていくことで、より良い条件での契約が期待できるはずです。

 

 

プリウスPHV購入の実例をご覧ください

 

■岩手県にお住まいの52歳男性(契約:2017年2月)

 

本体金額 A ⇒¥3,807,000
オプション金額 ⇒¥220,000

 

本体値引き金額 ⇒¥50,000
オプション値引き金額 ⇒¥50,000
下取り金額 2012年型 シャトルハイブリッド ⇒¥330,000

 

合計金額 ⇒¥3,805,807(諸経費含む)

 

 

■大阪府にお住まいの49歳男性(契約:2017年2月)

 

本体金額 Sナビパッケージ ⇒¥3,699,000
オプション金額 ⇒¥220,000

 

本体値引き金額 ⇒¥50,000
オプション値引き金額 ⇒¥150,000
下取り金額 2010年型 ステップワゴン ⇒¥410,000

 

合計金額 ⇒¥3,463,927(諸経費含む)

 

 

プリウスPHVはもっと値引きができる?損をしないその方法とは

 

実例ではプリウスPHVの値引き額の目安あたりまで値引きを引き出せていて、オプションもちゃんと値引きされていますね。

 

でも、まだ値引きをしてもらえるとしたらどこに注目すればいいのか?

 

それは「下取り金額」なのです。

 

この下取り金額なのですが、残念ながらディーラーでは、どこの車でも結構低めに見積もりをされてしまいます。

 

営業さんが値引きをし過ぎたからと下取り額で利益を上げようとしたと推測することもできるのですが、ディーラーの下取り額には低くされてしまうのには訳があります。

 

また、下取り額を高くする方法も掴んでいます。

 

次のページでは、「どうしてディーラーの下取り金額が安くなるのか」そして「下取り金額を高くする方法」を解説しています。

 

 

→プリウスPHVを安く購入するコツはこちらのリンクより

2017年 【プリウスPHVを激安購入】交渉時に見落としがちな〇〇とは?